リバウンドばかりだった私。仕事が変わってから体重が7キロ落ちた

私は今まで、何度もダイエットに挑戦してきましたが一度もきちんと成功したことはありませんでした。例えば近所を一時間歩いてみたり、自転車でウロウロ走ってみたりしましたが、いまいち効果が出ず断念していました。一番やばかったやり方は、断食ダイエットでしたね。

ほとんど飲まず食わすで、10キロくらい一気に痩せたのですが、すぐにリバウンド(自分でもまぁそうなるだろうなとは思っていましたが)。もうダイエットの事はいいやと思っていたのですが、最近職場を変えて、すっと立ちっぱなしのかなり体力使う仕事になったんですが、そしたら、体重がいっきに7キロくらい落ちててかなり驚きました。(健康診断で発覚してええぇ!?とおもいました)

よく考えたらお金を稼ぎながら痩せられるのは得なのかなと、考えてたりしている自分がいます。今更気づいたんですかね私は。そういえば職場でも5キロくらい痩せたと言っていた人もいました。うん、やはり仕事で痩せるのは得ですね。

でも、しんどいのでほどほどにしておかないと体を壊すのでバランスが大事ですね。それがしっかりしていれば、とても健康的になれる気がしてしょうがないですね。

お金を払ってジムに通う人もいますが、仕事そのものを利用して痩せるのもすごくいいことだなと思います。今まで仕事とダイエットは別ものと考えていた自分がいたので、損していたかなぁと情けなくなってしまっています。

時代はディスカウントスーパー。地元スーパーやドラッグストアは負けてしまうのか

私の勤務する職場のすぐ近くに、県外資本のディスカウントスーパーが開店しました。我が県では3店舗目です。職場周辺は住宅地は少なく商業地域なので、平日は人口が多く休日は人口が減ります。

地元食品スーパーと地元ドラッグストアー、そして大手コンビにが5店舗と狭い地域でしのぎをけずっています。そこにオープンしたのです。開店チラシでは今までこの地域の人が見たことの無い超安売りです。

カップラーメン40円台とかもやし1円とか、その他数多くの商品がスーパーの価格の半額以下です。さらにドラッグストアーよりも2割安で、当然のように駐車場は満車、店内は満員の大盛況です。逆に以前からあったスーパーはディスカウントスーパーに無い食品を買いに来るだけで、ドラッグの方はガラガラ状態です。

会社の従業員は安さに驚き、安い店が出来て喜んでいます。昼休みに買い物をしているくらいです。そして周辺の会社内でも話題になっています。そんな会話の中、私が一言投げかけました。

『喜んでいるが、儲けているのは県外の企業で、地元の企業は疲弊する一方ですよ』と言うと、我にかえって『そのとおりです・・』と以前からあったスーパーとドラッグストアーが可哀想といっていました。

しかし、安さには替えれないといってやっぱりディスカウントスーパーで買い物をしています。我が県はこのように、県外資本のスーパーやドラッグ、ディスカウントスーパーがどんどん進出しています。倒産した地元スーパーや、ドラッグストアが数社あります。

時代の流れと言えばそれまでですが、政府の地方創生という政策とは裏腹に小売業界ではデフレと地元企業の疲弊が続いています。このままいくと地元企業は県外大手に飲み込まれてしまうのでは?と思っています。

牛すじの煮物は2度美味しい。残りは丼にすると無駄がない

今日のご飯は何作ろうか迷ったのですが、ふと思いついたので、冷凍庫に眠ってた牛すじを使って煮物にすることにしました。たっぷりの水とお酒で牛すじをじっくり煮込んで煮詰めて、最終的には煮こごりもさせます。

牛すじ レシピ

牛すじは適当にレンジで解凍させてからやや大きめの一口大に。長時間煮込むのでやや大きめにしましたけど、牛すじって噛み切りにくかったりするので小さいほうが良いんですかね?まあ適当です。

適当に切ったら鍋に水とお酒を張って火にかけて、その間にニンジン・長ネギ・シラタキとそれほど面白みのない具材を食べやすい大きさに切り、牛すじをある程度煮込んでから一緒に煮込む予定。

だったのですが、急用で1時間ほど離れることになったので、仕方なく炊飯ジャーで煮込むことに。汁に醤油やみりんなどで味をつけて、他の具材と一緒に炊飯釜に入れて保温で。

帰ってきた頃にはちゃんと牛すじも柔らかく、具材全てに味もそれなりに染み込んでたので、予定とは違うものの良しとします。牛すじはプルプルで美味しかったんですが、ニンジンはちょっと小さく切りすぎて、食べごたえがいまいちでしたが。

煮物はわざと残る多さに作ったので、残った分は冷ましてから冷蔵庫に入れて煮こごりにして、あとで丼にします。炊きたての御飯の上に煮こごりを乗せて丼にすると、ご飯の熱で煮こごりがじんわり溶けて、美味しいんですよね。

腹を我慢できずに煮物のまま食べましたけど、煮こごり丼が食べたくて牛すじの煮物作ったので、冷えて煮こごるのが楽しみです。

ハローワークよりも派遣会社に登録するほうが案件を見つけやすい可能性に気付く

リーマンショックの時、派遣の雇い止めが大きな問題になりましたが、今の雇用形態に派遣が多いのに驚きました。再就職手当の資格の中に、1年以上の雇用が条件としてあるのですが、ハローワークの求人情報の中に派遣会社の3か月更新の求人が多くありました。

常々ハローワークの紹介状を依頼に行くのが大変だと思っていたので、派遣会社に登録した方がラクだと思い、初めて登録してみようと思っています。ネットで同じ会社の同じような案件を見つけても、交通費が支給されるになっていたりされないになっていたりします。

オープンになっている情報は詳細が不明なため、登録しなくては詳しい契約内容が分からなくて、決断力不足の私には不安要素が多すぎます。知り合いが経験者に聞いてくれた話によると、どうやら複数の会社に登録するのが普通らしいです。その方は25年以上のベテラン利用者のようです。

口コミサイトで調べてみると、10件以上登録している強者もいるようですが、私は基本器用ではないので使いこなせる気が全くしません。1件では厳しいと思うので、3件ぐらいは年内に登録してみたいと思っています。

失業保険は月末までに1回目が振り込まれるようですが、1週間分は待機期間のため計算されないから、15日分ぐらいです。長年嫌なことにも耐えて働いてきたので、新しい環境を楽しみたいとも思っているのですが、なかなか現実は厳しいです。

もともとは呑気なパートになるつもりでいたので、もうちょっと気楽に考えたいです。

京都派遣会社おすすめ

結局どっちが良いの?AndroidとiOSを使ってみて感じたこと

皆さんはスマホを買う時、Androidを選びますか?iPhoneを選びますか?決まっている人はいいかも知れませんが、最初は誰もが迷うと思います。私も同じく最初はAndroidにするか、iPhoneにするか迷いました。結果的に、両方のスマホを使ってみた私ですが、結果的にどちらに落ち着いたかと言うと、Androidの方に落ち着きました。

あくまで、私個人の感想、意見に過ぎませんが、いまAndroidかiPhoneに悩んでいる方に対して少しでも、手助けになればいいかなと思います。

1つ目は、Androidの私的長点を述べてみたいと思います。Androidで一番私が好きなところはSDカードが本体にさせて要領を拡張できるところです。もちろん、iPhoneでもSDカードにデータを移行できるんですが、何かと周辺機器を接続したりと面倒だったんです。

2つ目に、ワンセグ、フルセグ対応機種が便利でした。これはAndroidにしかない機能ですね。いつどこでも好きなときにテレビが見れてしまう、私のお気に入りのサービスの一つですかね。

3つ目に、戻るボタンが存在する。これが、結構私は気に入ってるというか、自然となければ困る機能になってしまったわけです。一つ前の作業に戻るという機能は何気、皆さんもたくさん使っていると思います。iPhoneにはこの戻るボタンがなく、場合によっては失敗したら、前回保存した場所からやりなおしなんてこともありました。

さて、次にiPhoneの長点を述べてみたいと思います。

1つ目は、タッチ性能が高いことです。Androidを使ったあとにiPhoneを使うと一目瞭然だと思います。タッチしたときの画面の反応の速さは色々な作業のストレスを無くしてくれました。

2つ目は、OSのバージョンアップが全機種で行える。Androidではその機種に対応をたOSのバージョンしか使えませんのでウイルスやOSの脆弱性なども対応できませんが、iPhoneでは全機種でOSのバージョンアップが行えるので、そういった問題も解決です。

3つ目は、初心者でも扱いやすい画面設計です。Androidの時は色々探りながら、操作をしていましたが、iPhoneはシンプルでわかりやすいボタンになっていたので、とても楽でした。

いかがでしたでしょうか?この記事を読んで、少しでもみなさんのスマホ選びの助けになればいいなと思います。

クレジットカードやETCカードは年会費無料がおすすめ